【最新刊】2020年からの新しい学力

2020年からの新しい学力

1冊

石川一郎

913円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「AI」「グローバル化」「教育改革」予測できない未来に必須の「学力」とは?●「テストで点数さえ取っていれば何とかなる…」の間違い●教育現場の迷走とふりまわされる子どもたち●3人に1人が問題文を理解できていない●教育改革を阻むのは、保護者であるあなた自身●子どもを伸ばす教師とダメにする教師●20年後に残る仕事とそのために必要な学力●子どもが身につけるべき3つのこと2020年の大学入試制度改革の根底には、文科省による「知識の活用」を目指す大規模な教育改革が存在する。しかし、新しい教育体制にすべての子どもがスムーズに対応できるとは限らない。予想されるのが、これまで中間層にいる子どもたちが陥る学力危機である。教育制度改革によって直面する問題とはなにか。教育現場の実情を踏まえて、それにいかに対応していくべきかについて論じていく。

    続きを読む
    提供開始日
    2019/09/05
    連載誌/レーベル
    SB新書

    レビュー

    4.2
    5
    5
    2
    4
    2
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • ネタバレ
      2020/03/19Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • ネタバレ
      2020/03/13Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2020/02/23Posted by ブクログ

      ゆるい管理で今までの勉強してると、これからの主体的で動くべき場面で役立たたないよ、と言うお話。

      大学入試の入口変えておくから、それに合わせて高校さんは学習内容考えて実践してねー、みたいな流れは勘弁し...

      続きを読む
    開く

    セーフモード