【最新刊】万波を翔る

万波を翔る

1冊

著:木内昇

2,200円(税込)
1%獲得

22pt(1%)内訳を見る

    この国の岐路を、異国にゆだねてはならぬ開国から4年、攘夷の嵐が吹き荒れるなか、幕府に外交を司る新たな部局が設けられた。実力本位で任ぜられた奉行は破格の穎才ぞろい。そこに、鼻っ柱の強い江戸っ子の若者が出仕した。先が見えねぇものほど、面白ぇことはねぇのだ――安政5年(1858年)幕府は外国局を新設した。しかし、朝廷が反対する日米修好通商条約を勅許を待たず締結したため、おさまりを知らぬ攘夷熱と老獪な欧米列強の開港圧力という、かつてない内憂外患を前に、国を開く交渉では幕閣の腰が定まらない。切れ者が登庸された外国奉行も持てる力を発揮できず、薩長の不穏な動きにも翻弄されて……お城に上がるや、前例のないお役目に東奔西走する田辺太一の成長を通して、日本の外交の曙を躍動感あふれる文章で、爽やかに描ききった傑作長編!維新前夜、近代外交の礎を築いた幕臣たちの物語。勝海舟、水野忠徳、岩瀬忠震、小栗忠順から、渋沢栄一まで異能の幕臣たちが、海の向こうと対峙する。2017年~18年の日経夕刊連載が、遂に単行本化!

    続きを読む
    提供開始日
    2019/08/28

    レビュー

    4
    2
    5
    1
    4
    0
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/09/20Posted by ブクログ

      思わぬことに出版直後の新刊が借りられ、続けざまに幕末を舞台にした歴史小説を読むことになりました。
      今度は木内昇さん、エンタメ寄りの佐藤さんよりはグッと重厚な感じです。
      揺らぐ幕藩制度という内憂を抱え、...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2019/09/16Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています

    セーフモード