【最新刊】北の夕鶴2/3の殺人

吉敷竹史シリーズ

3冊

島田荘司

712円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    北の大地で壮大なトリックが展開される傑作ミステリー。『占星術殺人事件』『奇想、天を動かす』などと並び称される名作!離婚した妻・通子から掛かってきた一本の電話。ただ、「声が聞きたかった」と言うだけの電話を不審に思った吉敷は、通子を追って上野駅へ向かう。発車した〈ゆうづる九号〉に通子の姿を認めた吉敷だが、翌日、車内から通子と思われる死体が発見された。通子の足跡をたどる吉敷は、彼女が釧路で殺人事件の容疑者となり、姿を消していたことを知る。次々と降りかかる難事に身も心も傷だらけになりながら、別れた妻の無実を証明するため盛岡、そして釧路へと吉敷の捜査行は続く。ハードボイルドと超絶トリックを融合させた驚異の傑作ミステリー!

    続きを読む
    提供開始日
    2019/08/28
    連載誌/レーベル
    文春e-Books
    出版社
    文藝春秋
    ジャンル
    ミステリー
    • 吉敷竹史シリーズ 全 3 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      吉敷竹史シリーズ 全 3 巻

      2,136円(税込)
      21pt獲得

    レビュー

    まだレビューはありません。作品の好きなところを書いてみませんか?

    レビュー投稿

    セーフモード