【最新刊】12万円で世界を歩くリターンズ 赤道・ヒマラヤ・アメリカ・バングラデシュ編

12万円で世界を歩くリターンズ 赤道・ヒマラヤ・アメリカ・バングラデシュ編

下川裕治 写真:阿部稔哉

726円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    実質デビュー作の『12万円で世界を歩く』から約30年。あの過酷な旅、再び!? 赤道、ヒマラヤ、アメリカへ、予算12万円で過去に旅したルートをたどる。30年で、世界はどう変わったか? 変わらないものは何か? 詳細な旅費の内訳付き。

    続きを読む
    提供開始日
    2019/08/30
    連載誌/レーベル
    朝日文庫

    レビュー

    • 2020/06/24Posted by ブクログ

      30年前に行った12万円の外国旅行を再現するという企画だが、プロローグに週刊朝日のデキゴトロジーというコラムのことが書かれていて驚いた。実は結構好きだった。そうなると、当時、「12万円で世界を歩く」も...

      続きを読む
    • 2020/06/24Posted by ブクログ

      バックパッカーのバイブルとして、12万円という予算で、世界各地を旅する様を描いた「12万円で世界を歩く」(1990年に出版)の著者が、約30年後の今、同じルートを旅した経緯をまとめたルポ。

      本書では...

      続きを読む
    • 2020/06/24Posted by ブクログ

      最初に下川さんを知ったのは黒田センセイの著書で『タイ語でタイ化』がおもしろいと言っていたから。
      それからずいぶん下川さんの旅行本を読んできたけど最近はちょっと(ご自分でも言っているように)老いが感じら...

      続きを読む

    セーフモード