詩学

アリストテレス/三浦洋(訳)

1,188円(税込)
1%獲得

11pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「カタルシス」「模倣」の概念を用いて古代ギリシャ悲劇を定義し、ストーリー創作としての詩作の要になる「逆転」「再認」「受難」などについて分析した最古の芸術論。「語学」の幻の喜劇論との関連が注目される『コワスラン論考」の全訳を、詳細な解説とともに付す。後世に与えた影響は巨大であり、現代に至るまで、およそ芸術を論じた西洋の文学者や思想家で『詩学』をまったく参照しなかった人物は見当たらないくらいの必読書。

    続きを読む
    • 詩学 全 1 冊

      未購入の巻をまとめて購入

      詩学 全 1 冊

      1,188円(税込)
      11pt獲得
    新刊を予約購入する

    レビュー

    レビューコメント(2件)
    • 2021/01/23

      2021/1/23

      初アリストテレス。こんなにも簡潔で明晰に語られるのかと驚いた。アリストテレスの文体が「電信のような文」や「偉大な言葉の節約家」と揶揄されている理由には納得。

      この要点について物...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 2019/04/27

      その昔読んだのは、研究社の英和対訳本だった。調べてみたら1968年刊。手元にある「世界の名著」と見比べて出だしを読んだら、かなり印象が異なる。読みきれるかなぁ…

      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード