【最新刊】コウサツ 刑事課・桔梗里見の囮捜査

コウサツ 刑事課・桔梗里見の囮捜査

1冊

著者:前川裕

1,760円(税込)
1%獲得

17pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    日本中を震撼させる「東京絞殺魔」は誰だ!?映画化『クリーピー』、連続ドラマ化『イアリー』の著者による、一気読み警察小説!武蔵野署の新人刑事・桔梗里見が初めて臨場した殺人事件現場は、女子大生が絞殺された上、臍をえぐり取られるという凄惨なものだった。桔梗は、プロファイリングの専門家で「歩く殺人百科」の異名を持つ変人刑事・平瀬健と組んで調べを進めるが、絞殺事件は続き、捜査は難航。2人は犯罪学の教授・大村邦房に助言を求めた。すると、実在した連続殺人鬼「ボストン絞殺魔」のオマージュ殺人の可能性が高いという。「東京絞殺魔」は誰なのか? マスコミが騒ぐ中、容疑者を絞り込んだ桔梗は、自らの意志で危険な囮捜査を決行するが――。異常者だらけの現実に、孤高の女刑事が立ち向かう。圧巻のサスペンス!

    続きを読む
    提供開始日
    2019/08/29
    連載誌/レーベル
    角川書店単行本
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    2.5
    2
    5
    0
    4
    0
    3
    1
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/11/14Posted by ブクログ

      囮捜査とサブタイがあるが、それはだいぶ後半だった。
      気の合わないコンビとか面白かったんだけど、微妙なまま終わってしまったな。

    • 2019/11/10Posted by ブクログ

      連続女性絞殺事件を追う警察ミステリ。なかなかに猟奇的な事件で、容疑者も誰を見ても怪しげ。というより警察の同僚にさえ怪しげな人物が、というサスペンス感も抜群。自らも被害者と同じ女性である主人公が抱える不...

      続きを読む
    • 2019/10/20Posted by ブクログ

      新人女性刑事の桔梗が連続猟奇殺人事件に挑む。気味悪さは控えめだが、変な容疑者、併せて変な同僚が次々登場、不可解でなんか消化不良…。

    セーフモード