流浪の月

著:凪良ゆう

1,527円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    【2020年本屋大賞受賞作】あなたと共にいることを、世界中の誰もが反対し、批判するはずだ。わたしを心配するからこそ、誰もがわたしの話に耳を傾けないだろう。それでも文、わたしはあなたのそばにいたい――。再会すべきではなかったかもしれない男女がもう一度出会ったとき、運命は周囲の人を巻き込みながら疾走を始める。新しい人間関係への旅立ちを描き、実力派作家が遺憾なく本領を発揮した、息をのむ傑作小説。

    続きを読む

    レビュー

    レビューコメント(846件)
    • ネタバレ
      2019/12/26Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2020/05/28Posted by ブクログ

      どこかに理性が残ってた。邪魔だった。

      この、わたしの中にある理性のような、正義感のようなものはなんなのだ。
      気づけば、「善意をふりまく側」になって読んでいた。
      仕事でずっと、子どもと関わっている。中...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2019/08/31Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    開く

    セーフモード