【最新刊】「空腹の時間」が健康を決める

「空腹の時間」が健康を決める

監修:石原結實 著:石原新菜

1,430円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。空腹を活用しながら血流をよくして、健康と若返りを手に入れる本です。【健康を決めるのは「血流」】健康を決めるのは「血流」です。血流が悪くなると、「だるい」「疲れる」「冷え」といった症状から始まり、「肌トラブル」「便秘・下痢」「肩こり」「頭痛」などの不調になります。さらに、悪化すると病気になってしまいます。【1日3食は、食べすぎです】多くの方は、1日3食をとっています。しかし、1日3食は、食べすぎです。食べたものを、体の中に消化・吸収するには、たくさんの血液が必要となります。食べたあと眠くなるのはその一例です。血液が胃腸に回されて脳の血流が減ってしまうために、食後にはうつらうつらしてしまうのです。そうすると、他の部分に血液が回りません。とくに、毛細血管といわれる細い血管に血液が行き届かなくなり、血管に血液が全く回らなくなるゴースト血管(血管の幽霊化)になってしまいます。すると、その周り部分には、血液を使って送られるべき酸素や栄養が届かず、いらなくなった老廃物の回収もできません。その結果、「冷え」という症状が始まり、不調になり、最終的には病気へとつながってしまうのです。【空腹が、血流を回復させます】この血流をよくするために、一番効果が高いのは「空腹」です。空腹の時間を多くすると、血流は一気に回復へと向かいます。食べたものの消化・吸収に使われる血液が減り、そのぶん他のところへ栄養を運んだり、老廃物を回収したりすることができるのです。不調や病気は、体の中の悪いものが排泄できないためになります。血流がよくなれば、体にとって不要な老廃物を排泄することができるのです。【つらくない空腹時間の作り方】「空腹はつらい」という印象があります。そのような方でも、本書で紹介する方法を使えば、ラクに空腹の時間を長くすることができます。空腹を活用しながら血流をよくして、健康と若返りを手に入れましょう!

    続きを読む
    ページ数
    186ページ
    提供開始日
    2019/08/23

    レビュー

    • 2019/10/20Posted by ブクログ

      断食ダイエットを謳う人は多いですが、この本もその一つです。断食とは言っても必要最小限のものは摂取しています。その最終目標は毛細血管を鍛えることだそうです。お医者さんが書いただけあって説得力抜群です。

    セーフモード