出口・廃墟の眺め

吉行淳之介

660円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    過ぎ去った遠い日や心の底深くに、しめやかな触手をのばし、生の根の不思議なゆらめきを鮮かに捉えた、虚無に献げる高貴な酒にも比すべき短篇集。真昼に現れ出た夢魔の如き「出口」、痛ましいまでの思春期の青年の心を描く「手品師」、瓦礫の中に青白い女の裸体が横たわる「廃墟の眺め」など14篇を収録。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード