【最新刊】最後のアジアパー伝

アジアパー伝

4冊

鴨志田穣 西原理恵子

715円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「死にたい人の顔をしている」と、元ゲリラ兵は僕に言った。博打もへた。商売もまったくだめ。戦場カメラマンとなって、女医に託されたクリスマスプレゼントを戦下の街へ届けようとしたが……。勝手ばかりやっている男たちと、したたかな女たち。強い絆で結ばれたコンビが、徹底的に描き続けた放浪エッセイ、いよいよ完結! 転がり続けて、こんなとこまで来たけれど……ゴールは見えたか?

    続きを読む
    提供開始日
    2019/09/06
    連載誌/レーベル
    講談社文庫

    レビュー

    3.6
    21
    5
    5
    4
    4
    3
    12
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2015/07/29Posted by ブクログ

      西原理恵子の漫画と鴨志田穣の文章のコラボは、あまりにもガチャガチャして読みにくいなぁ。漫画は漫画で読みたいし、文章は文章で読みたいものだ。

      そっか、この作品に描かれているタイの放浪の最中に鴨志田穣と...

      続きを読む
    • 2014/02/25Posted by ブクログ

      「死体も人も楽しそう」
      という言葉は凄いな。
      「タイは人の命が軽いから誰でも幸せになれる」
      も良い。
      本物の破滅型無頼の鴨志田さんだけが表現できる価値観ではないでしょうか。自分の命にすら縛られない「軽...

      続きを読む
    • 2013/07/09Posted by ブクログ

      タイ、韓国、中国で出会った人々たちとのエピソード集。
      西原さんのギャグマンガは相変わらず面白いのだけれど、
      鴨志田さんの文章自体は平板でやや面白みに欠けるような……。
      ギャグマンガにも描かれている様に...

      続きを読む
    開く

    セーフモード