サードドア―精神的資産のふやし方

著:アレックスバナヤン 訳:大田黒奉之

1,980円(税込)
1%獲得

19pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

クーポン利用で【50%OFF】 1,480(税込)で購入できる! 6回利用可能

初回ログインでもらえる50%OFFクーポン

獲得

「あなたはどうやってキャリアを踏み出したのか――」18歳の大学生が、ビル・ゲイツ、レディー・ガガ、スピルバーグなど、米国各界の著名人に次々と突撃インタビュー!いつだって、そこにある「成功への抜け道」何者でもない自分の、何者かになる物語。★セレブ珠玉の名言が満載! 20歳のときに知っておきたい「連敗の必勝法」★自分の小さな殻を破りたい人のための、「第1歩の踏み出し方」ビル・ゲイツ、マヤ・アンジェロウ、スティーブ・ウォズニアック、ジェシカ・アルバ、クインシー・ジョーンズ、ジェーン・グドール、ラリー・キングなど、そうそうたる面々にインタビューをした著者は、彼らの人生の始まりには、共通のカギがあることに気づく。彼らはみな、サードドアをくぐりぬけて成功を収めたのだ。【サードドアとは】人生、ビジネス、成功。どれもナイトクラブみたいなものだ。つねに3つの入り口が用意されている。ファーストドア:正面入り口だ。長い行列が弧を描いて続き、入れるかどうか気をもみながら、99%の人がそこに並ぶ。セカンドドア:VIP専用入り口だ。億万長者、セレブ、名家に生まれた人だけが利用できる。それから、いつだってそこにあるのに、誰も教えてくれないドアがある。サードドアだ。行列から飛び出し、裏道を駆け抜け、何百回もノックして窓を乗り越え、キッチンをこっそり通り抜けたその先に─―必ずある。ビル・ゲイツが初めてソフトウェアを販売できたのも、スティーヴン・スピルバーグがハリウッドで史上最年少の監督になれたのも、……みんな、サードドアをこじ開けたからなんだ。

続きを読む
新刊を予約購入する

レビュー

レビューコメント(112件)
  • 2019/11/24

    人生、ビジネス、成功。
    どれもナイトクラブみたいなものだ。
    常に3つの入り口が用意されている

    ファーストドア:正面入り口。99%の人がそこに並ぶ。入れるかどうかも分からない
    セカンドドア:VIP専用...

    続きを読む
    Posted by ブクログ
  • 2020/08/04
    ネタバレ
    この内容にはネタバレが含まれています
    Posted by ブクログ
  • 2020/01/20

    1.サードドアとはなにか?精神的資産とは何か?著名人達はなぜその仕事に巡り合ったのか?

    2.サードドアとは、自分の滾った想いは実現する可能性があると信じ、行動し始める為に踏み出すための門のことです。...

    続きを読む
    Posted by ブクログ
他のレビューをもっと見る

セーフモード