IoT最強国家ニッポン 日本企業が4つの主要技術を支配する時代

南川明

880円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

    ネオ半導体・電子部品・モーター・電子素材は新しい「産業のコメ」。日本企業の総合力が世界を変える! 世界のメガトレンドは、人口増加、高齢化、都市化。2030年には、2010年比で、食料は50%増、エネルギーは45%増、水使用は30%増となる。こうした状況を解決するには「IoT」が必要となり、その結果として生まれる360兆円の巨大市場で、日本企業が活躍する! IoT「4つの神器」、すなわちネオ半導体、電子部品、モーター、電子素材。その全ての技術と産業が揃っているのは日本だけ。日本電産、マブチモーター、村田製作所、ローム、京セラ、ソニー、東芝、富士電機、三菱電機、ディスコ、東京エレクトロンなど、また日本企業の時代がやって来た!

    続きを読む

    レビュー

    3.5
    2
    5
    0
    4
    1
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/09/20Posted by ブクログ

      あるセミナーで講演を聴き、興味を持ったため詳しく内容を知りたく、この本を選びました。
      IoTによって何ができるのか、今後世界がIoTによってどの様に変わっていくかを、ざっと知ることができました。また、...

      続きを読む
    • 2019/09/14Posted by ブクログ

      全てのものがインターネットにつながるIoTの時代における日本の近未来の可能性について解説した内容。
      特に日本が世界に誇る製造業の分野でこれから中国や韓国に負けることなく復活してくる可能性いついて書いて...

      続きを読む

    セーフモード