【最新刊】DX実行戦略 デジタルで稼ぐ組織をつくる

DX実行戦略 デジタルで稼ぐ組織をつくる

1冊

著:マイケル・ウェイド 著:ジェイムズ・マコーレー 著:アンディ・ノロニャ 著:ジョエル・バービア 監訳:根来龍之 訳:武藤陽生 訳:デジタルビジネス・イノベーションセンター

2,200円(税込)

この作品はブラウザでは読めません。アプリでお楽しみください

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「サイロ化の罠」から抜け出せ! 社内に分散している人とデータをつなぎ合わせて「デジタル能力」を実装せよ。ネット時代の勝者になるための企業変革手法。GAFAにはできない、既存企業ならではの戦い方を提示。ほとんどの企業で失敗するのは、なぜかなぜ、ほとんどの企業で「デジタルビジネス・トランスフォーメーション(DX)」はうまくいっていないのか。これまでの変革と何が違うのか。既存組織が抱える課題(組織のもつれ)を克服し、デジタルで稼ぐ力を手に入れるための企業変革手法「オーケストレーション」を詳説する。従来のチェンジマネジメント手法を超えたアプローチ。どうすればDXを実現できるのかカギは、組織リソースの協働にあった。社内に分散しているさまざまな人やデータ、インフラをかき集め、連携させることで、新たなカスタマーバリューを創出する、あるいはデジタル・ビジネスモデルを実現する。そのために必要な、リソース間の結びつきを機能させる能力(カスタマージャーニー・マップ作成、ビジネスアーキテクチャ、社内ファンド、アジャイルな作業方式など)や組織づくり、CDOやCTO、変革推進室が果たすべき役割を明らかにする。企業がとるべき21のアクションとはそのうえで、DXを実行するにあたって企業がとるべき具体的なアクションを示す。破壊的なライバル企業に対抗するための戦略と組織能力について論じた前著『対デジタル・ディスラプター戦略』と、企業のデジタル変革を実行するための仕組みについて論じた本書のふたつを合わせることでひとつになり、実践者のための手引きとなる。・なぜDXは失敗するのか。これまでの変革と何が違うのか・既存組織の変革を困難にする「組織のもつれ」とは・DXを可能にする「オーケストレーション」とは・変革の起点となる「変革目標」はどうやって策定するか・デジタル能力を実装するために、分散している人やデータをどうつなぎ合わせるか・「結びつき」を機能させる8つの能力とは・どうやって既存組織を「変革ネットワーク」で覆うか・CDOやCTO、変革推進室はどんな役割を担うべきか・企業がとるべき21のアクションとは「デジタルビジネス・トランスフォーメーション(DX)の実行は急務であり、企業のリーダーたちは大きな関心を寄せている。だから本書ではその課題に取り組むことにした。『どこから着手すればいいか』『何をもって成功とするか』『どうやってロードマップを策定すればいいか』。本書で扱うのはこういった疑問だ。本書は、企業にとって重要かつ戦略的で大規模なDXを推進する『実践者』のために書かれた本である」(序章より)

    続きを読む
    提供開始日
    2019/08/23

    レビュー

    3
    5
    5
    0
    4
    1
    3
    3
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2020/01/24Posted by ブクログ

      とても実践的な内容で、「デジタル化は目的ではないよ」という主張はそれを裏付けていると思う。

      ただ、全体を俯瞰した説明がないように感じられるのと、前書を横に置いておかないとわからないので、理解するのが...

      続きを読む
    • 2020/01/17Posted by ブクログ

      DXの壁に直面している。縦割りの組織は断じて交わろうとせず、各々の利益のためにのみ行動する。それは顧客のためという建前さえ持たず、つながることが目的だと言う始末。

      デジタルビジネス・トランスフォーメ...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2020/01/14Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    開く

    セーフモード