【最新刊】欲望の名画

欲望の名画

中野京子

1,018円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    フェルメールが「真珠の首飾りの女」で描いたのは虚栄か、快楽か、物欲か、それとも……。月刊「文藝春秋」の人気連載がついに新書化!絵画に隠されたメッセージを紹介し、画家の意図や時代背景までを鮮やかに読み解いてきた中野京子さんによる最新刊。今回のテーマは「欲望」。激しい愛情、金銭への異常な執着、果てない収集癖、飽くなき野心……。人はあらゆる欲望を絵画に込めてきた。細部に描かれた小さな情報も見逃さず、名画に込められた意図を丁寧に読み解く。26の絵画を5つのキーワードで徹底解説第1章 愛欲ドラクロワ「怒れるメディア」ミレイ「オフィーリア」ビアズリー「踊り手の褒美」ダ・ヴィンチ「最後の晩餐」 他第2章 知的欲求ラ・トゥール「ポンパドゥール夫人」ラファエロ「サン・シストの聖母子」ブリューゲル「子供の遊び」 他第3章 生存本能ゲラン「モルフェウスとイリス」レーピン「ヴォルガの船曳き」 他第4章 物欲クリムト「ベートーヴェン・フリース」フェルメール「真珠の首飾りの女」ボス「守銭奴の死」第5章 権力欲ホルバイン(子)「ヘンリー八世像」メンツェル「フリードリヒ大王のフルートコンサート」他

    続きを読む
    ページ数
    195ページ
    提供開始日
    2019/08/20
    連載誌/レーベル
    文春新書
    出版社
    文藝春秋
    ジャンル
    趣味・実用

    レビュー

    • 2020/07/08Posted by ブクログ

      多くの西洋絵画がただ芸術のために描かれたのではなく、注文主があった。注文主の意図、画家の思惑、絵に含まれる数多くのシンボルや寓意。それらを手短に解説している。
      惜しむらくは、新書版で絵が小さく細部がよ...

      続きを読む
    • 2020/07/08Posted by ブクログ

      まず絵画の一部分のみ取り上げて興味を引き、そこから全体の話へと展開する……他のシリーズ作品とはまた違ったアプローチの仕方で面白かったです。
      解説は軽め。
      だから普段絵画に触れてない方でも、取っつきやす...

      続きを読む
    • 2020/07/08Posted by ブクログ

      中野京子さん、本を出しまくるわ、展覧会は開くわ、乗りまくりだね。この本も、量産中にもかかわらず面白い。西洋絵画のなかの一部分、片隅にちょこっと描かれているものを切り口に、その絵画にまつわる人間模様を映...

      続きを読む
    開く

    セーフモード