【完結済み】幕末イグニッション 1巻

幕末イグニッション

完結

2冊

原作:大間九郎 漫画:忠見周

660円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    坂本竜馬暗殺犯と噂される男・佐々木只三郎。小太刀日本一と称されるこの佐々木、暗殺の日より十三年前の江戸で、稀代の天才学者・佐久間象山から、あるフランス人少女の護衛を依頼される。その対価、三百六十万両。少女を狙うは水戸一派、勝麟太郎、そして坂本竜馬。この事案をきっかけに時代は「幕末」へと変容していく――。

    続きを読む
    ページ数
    176ページ
    提供開始日
    2019/08/23
    連載誌/レーベル
    コミックDAYS
    出版社
    講談社
    ジャンル
    青年マンガ
    • 幕末イグニッション 全 2 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      幕末イグニッション 全 2 巻

      1,320円(税込)
      13pt獲得

    レビュー

    5
    3
    5
    3
    4
    0
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/12/22Posted by ブクログ

      とにかくタイトルからかっこいい。幕末、坂本龍馬を切った男として知られる京都見廻組の佐々木只三郎をめぐる物語。小太刀日本一と称された腕を持ち、狭い場所で最も強さを発揮する。沈んだフランス船の場所を知る少...

      続きを読む
    • 2019/12/22Posted by ブクログ

      とにかくタイトルからかっこいい。幕末、坂本龍馬を切った男として知られる京都見廻組の佐々木只三郎をめぐる物語。小太刀日本一と称された腕を持ち、狭い場所で最も強さを発揮する。沈んだフランス船の場所を知る少...

      続きを読む
    • 2019/12/22Posted by ブクログ

      とにかくタイトルからかっこいい。幕末、坂本龍馬を切った男として知られる京都見廻組の佐々木只三郎をめぐる物語。小太刀日本一と称された腕を持ち、狭い場所で最も強さを発揮する。沈んだフランス船の場所を知る少...

      続きを読む

    セーフモード