ゆけ、おりょう

門井慶喜

815円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

    「世話のやける弟」がいつしか時代の英雄になってしまった――。坂本龍馬の妻・おりょうの目を通して描かれる、幕末の名場面!幕末の京都で出会った「世話のやける弟」のような男・坂本龍馬と結婚したおりょうは、夫を呼び捨てにし、酒を浴びるほど飲み、勝海舟にも食ってかかる「妻らしからぬ」振る舞いで周囲をへきえきさせる。ついには龍馬の周囲から、「龍馬のために離婚してください」とまで迫られる始末。しかしおりょうは、寺田屋で間一髪龍馬の命を救い、日本で初のハネムーンを敢行。薩摩へ、軍艦に乗って長崎へ、馬関へ――。激動の世の中を楽しげに泳ぐうち、いつしか薩長同盟・版籍奉還の立て役者として時代の英雄になってゆく夫。そして、龍馬亡きあとの20年を彼女はどう生きたのか。型にはまらない生き生きとした夫婦の姿、意地っ張りで責任感が強く、龍馬に惚れながらも自立した魂が輝く「門井版おりょう」。現代の女性に響く物語!解説・小日向えり(歴女)※この電子書籍は2016年8月に文藝春秋より刊行された単行本の文庫版を底本としています。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード