【最新刊】「死ぬんじゃねーぞ!!」 いじめられている君はゼッタイ悪くない

「死ぬんじゃねーぞ!!」 いじめられている君はゼッタイ悪くない

中川翔子

1,018円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    いじめに悩む子どもたちが、未来の扉を開くために――あなたの時間はあなたのもの。あなたの命はあなたのもの。誰にも奪うことはできない。タレント、女優、歌手、声優として活躍する中川翔子さんが、いじめで不登校になり、「死にたい」とまで思い詰めた先に見つけた気持ちを文章と漫画で綴ります。中川さん自身も、いじめられて不登校になった過去がありました。大人になったいま、中川さんがなによりも伝えたいのは「ゼッタイに、死を踏みとどまってほしい」という切実な思いです。本書では中川さんがSNS時代のいじめの現状を専門家や子どもたちにも取材して、「いじめをなくすためにいまできることは何なのか」についても考えていきます。いじめで傷つき悩んでいる子供たち、さらには、その周囲のすべての親や教育関係者にも向けた渾身のメッセージです。学校に行くのがつらい、そんな夜に読んでほしい。

    続きを読む
    提供開始日
    2019/08/08
    連載誌/レーベル
    文春e-book
    出版社
    文藝春秋
    ジャンル
    エッセイ

    レビュー

    • 2020/08/15Posted by ブクログ

      ムスメが図書館で借りて来た本。彼女曰く「爆速で読んだ」とのことやったけど、確かにさくっと読める、わかりやすい本やった。内容が重く、メッセージ性が強いものなので、このくらいさくっと読めるのはいいと思う。...

      続きを読む
    • 2020/05/07Posted by ブクログ

      改めて「いじめ」について考えさせられました。
      この本を見るまでは、ショコタンがいじめられていたとか、お父さんが早くに亡くなられてしまったとか想像もしてませんでした。
      その中で、特にビビッときたのは、
      ...

      続きを読む
    • 2019/08/13Posted by ブクログ

      しょこたんのイメージを良い意味で覆してくれた書籍。
      しょこたん自身の経験に、いじめを経験をした10代の女性と『不登校新聞』という日本で唯一不登校を題材にした新聞の編集長のお話も収録されています。

      ...

      続きを読む
    開く

    セーフモード