【最新刊】虚数はなぜ人を惑わせるのか

虚数はなぜ人を惑わせるのか

1冊

竹内薫

660円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    虚数(i ,imaginary number)とは、2乗すると-1になる奇妙な数。しかしこの数は、コンピューター社会で重要な役割を果たし、ホーキングによれば、宇宙は虚数の時間からはじまったとされるほど、重要な概念なのだ。SFさながらのエキサイティングな虚数の世界。

    続きを読む
    提供開始日
    2019/08/09

    レビュー

    2.8
    5
    5
    0
    4
    1
    3
    3
    2
    0
    1
    1
    レビュー投稿
    • 2019/12/30Posted by ブクログ

      ・実在論派(目に見えることしか信じない):アインシュタイン、主レディーンガー、ペンローズ
      ・実証論派(辻褄が合えば良い):ハイゼンベルク、ボーア、ホーキング
      (読書案内)
      ・虚数がよくわかる けしだ
      ...

      続きを読む
    • 2019/11/01Posted by ブクログ

      虚数に関してこんなところに出てくるよ使われているよってことを平易に書いてある。個人的に新しい知見はあったものの、だからといって好奇心を刺激されたり驚きがあったりしなかったのは内容が浅過ぎるからであろう...

      続きを読む
    • 2019/09/24Posted by ブクログ

      虚数は数学/科学的にどのような立ち位置/役割にあるのかを易しめの言葉で説明した本。良くも悪くもカッチリ理解した人向けという感じではないですね。

    開く

    セーフモード