そうだ 本、出そう。 商業出版したい人が最初に読む本

西沢 泰生

1,100円(税込)
1%獲得

11pt(1%)内訳を見る

    「自分の本を執筆し、商業出版して書店に並べたい」というあなた!本書は、そんな、「本気で商業出版をしたい」というあなたへ贈る「本の出し方の本」です。「1冊でいいから、いつかは本を執筆したい」「自費出版ではなく、ちゃんとした商業出版で、出版社から本を出したい!」著者は、そんな、子どもの頃からの夢を実現しました。2012年に最初の商業出版をして以来、2014年には、会社に勤めながら1年間で5冊の本を商業出版。現在は、30冊近くの著書を世に送り出す人気作家になっています。そんな著者が、「本を出す時に忘れてはいけない心構え」「売れる本の企画の発想法」「原稿を執筆する時に意識しなくてはいけない事」「編集者とのコンタクトの取り方」「編集者に自分を気に入っていただく方法」など。「出版攻略」のための「秘策」を惜しげもなく公開しています。商業出版で本を執筆したいと思っている方が、最初に読む手引書です!※本書は2015年7月に刊行された『「本を出版したい!」あなたへ贈る、ナイショの知恵袋(アンチョコ)』に加筆・修正し、改題したものです。【購入者特典】ごきげんビジネス出版オリジナル 出版企画書のフォーマット【著者プロフィール】西沢 泰生1962年、神奈川県生まれ。某社で約20年間、社内報の編集を経験。その間、社長秘書も兼任。2012年9月に処女作『壁を越えられないときに教えてくれる一流の人のすごい考え方』(アスコム)を発表。2014年には会社員を続けたまま1年間で5冊の本を出版。趣味のクイズでは『アメリカ横断ウルトラクイズ』で準優勝という経歴を持つ。主な著書 『夜、眠る前に読むと心が「ほっ」とする50の物語』『伝説のクイズ王も驚いた予想を超えてくる雑学の本』(三笠書房)『コーヒーと楽しむ 心が「ホッと」温まる50の物語』(PHP文庫)『朝礼・スピーチ・雑談 そのまま使える話のネタ100』(かんき出版)他

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード