M 愛すべき人がいて

著:小松成美

1,386円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    それでもマサ、私は歌っているよ。浜崎あゆみを生きているよ。歌姫誕生に秘められた、出会いと別れの物語。「二人で作り上げた“浜崎あゆみ”は、マサにも、あゆにも、手に負えないモンスターになってしまったね」博多から上京したありふれた少女・あゆを変えたのは、あるプロデューサーとの出会いだった。やがて愛し合う二人は、“浜崎あゆみ”を瞬く間にスターダムに伸し上げる。しかし、別れは思いのほか、早く訪れ……。

    続きを読む

    レビュー

    3.6
    25
    5
    5
    4
    10
    3
    8
    2
    1
    1
    1
    レビュー投稿
    • 2020/03/09Posted by ブクログ

      特別ファンではないけど、聴いたり
      カラオケで歌っていたりしたので
      興味があり読んだ。

      どこがフィクションなのかはわからないし
      ドラマチックな感じがして
      基本小説だと思って読んだけれど、

      彼女がかく...

      続きを読む
    • 2020/03/03Posted by ブクログ

      これは。著者が、本人じゃないから小松さんが悪いのかな。面白くないとかじゃないけど、鳥肌たつよ。うわぁーぞわぁーって。

      ぶつぶつぶつぶつぶつぶつー

      下手したら浜崎あゆみを知らない今時の子が読んだら、...

      続きを読む
    • 2020/02/09Posted by ブクログ

      私の中で誰が何を言おうとあゆはあゆだから。
      あゆの歌を聞いて泣いて笑って過ごした学生時代。
      今でもあゆの曲を聴くと懐かしさやあの頃の気持ちが溢れて来ます。あゆの昔の曲を聴きながら一気に読みました。内容...

      続きを読む
    開く