【最新刊】残り者

残り者

1冊

朝井まかて

605円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    時は幕末、徳川家に江戸城の明け渡しが命じられる。官軍の襲来を恐れ、女中たちが我先にと脱出を試みるなか、大奥にとどまった「残り者」がいた。彼女らはなにを目論んでいるのか。それぞれ胸のうちを明かした五人がが起こした思いがけない行動とは――激動の時代を生きぬいた女たちの物語。

    続きを読む
    提供開始日
    2019/08/02
    連載誌/レーベル
    双葉文庫

    レビュー

    3.8
    8
    5
    2
    4
    3
    3
    3
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2020/03/28Posted by ブクログ

      江戸城開城の時、大奥に残った女性が5人いた。
      夫々の思いがあり、城を出ることが出来なかった。
      その5人の江戸城での勤めや開城の時何が起こったかをそこに居たかのように、また女性という立場から捉えていて、...

      続きを読む
    • 2019/12/09Posted by ブクログ

      時代が変わるのは当たり前だけど、江戸から明治が一番変化が大きかったのでは?
      自分のひいひいおばあさんたちは、もちろん会ったことはないのですが、それを経験したんだなぁとしみじみした。

      それぞれの想いが...

      続きを読む
    • 2019/11/08Posted by ブクログ

      オモシロかった。朝井まかてさんに間違いないなって感じで満足でした。
      女5人の立場や背景に引き込まれて楽しかった。

    開く

    セーフモード