みちのく銀山温泉 あやかしお宿の若女将になりました

著:沖田弥子 イラスト:乃希

660円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    祖父の実家である、銀山温泉の宿「花湯屋」で働くことになった、花野優香。大正ロマン溢れるその宿で待ち構えていたのは、なんと手のひらサイズの小鬼たち。驚く優香に衝撃の事実を告げたのは従業員兼、神の使いでもある圭史郎。彼いわく、ここは代々当主が、あやかしをもてなしてきた宿らしい!? さらには「あやかし使い」末裔の若女将となることを頼まれて――訳ありのあやかしたちのために新米若女将が大奮闘! 心温まるお宿ファンタジー。

    続きを読む
    • みちのく銀山温泉 あやかしお宿の若女将になりました 全 1 冊

      未購入の巻をまとめて購入

      みちのく銀山温泉 あやかしお宿の若女将になりました 全 1 冊

      660円(税込)
      6pt獲得
    新刊を予約購入する

    レビュー

    レビューコメント
    • 出会いは人間やあやかしをも変えてしまう。人とのちょっとした出会いで人生まで決定するのはままあることだと思う。

    • 「出雲のあやかしホテル」の影響で読んだけど、あっちより好みかも。まさか山椒魚に感動するとは思わなかった(笑)まぁ、最初がいいのは、シリーズ物になる必要条件ではあるけどね。

    • あやかしさん達が凄くいい!可愛いし、時に切ないし。続きも是非に!

    • あやかしをちょっとした感動ばなしに導くために都合よく使っているように思えた。銀山温泉にも行ったことがあるから期待していたが、山形の郷土料理以外は銀山温泉である必要はなさそう。もう少し深いと良かった。

    • 温泉入りたい。

    セーフモード