ウォール街のランダム・ウォーカー<原著第12版> 株式投資の不滅の真理

文芸・ビジネス・実用 12位

著:バートン・マルキール 訳:井手正介

2,750円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ◆全世界で読まれている「投資のバイブル」1973年の初版以来、全米累計150万部を超え、「投資の名著」として絶賛されるベスト&ロングセラー、A Random Walk Down Wall Streetの最新版。本書の主張は「インデックスファンドへの投資がベスト」というシンプルなものだが、類書と異なる点は、なぜ他の投資方法がインデックス投資に比べて劣っているのかを、データを示してしっかり論じているところだ。過去のデータを鑑み、アクティブファンドの長期リターンが市場平均を下回ることを証明し、「猿がダーツで選んだポートフォリオを運用するのと等しい」とこき下ろすあたりは、読んでいて痛快かつ明快である。硬派な内容でありながら、数式はほとんどなく、グラフや表を多用しており、初心者にも理解しやすくなっている。間抜けなテクニカル分析手法やチューリップからITに至るバブルの話など、読み物としても面白く読める。◆改訂のポイント本改訂では、第4章の「21世紀の歴史」に仮想通貨の話題を3項ほど追加したほか(仮想通貨はとんでもないバブル、実体のないいい加減なものと言い放っているが)、前回の改訂で追加した「第11章 「スマート・ベータ」は本当に役立つか」の章をさらに拡充。スマート・ベータとは、時価総額(TOPIX)や株価(日経平均)のような”単純”な要素にウエイトを置くのではなく、「財務指標」や「株価の変動率」、「配当」など、より”スマート(賢い)”な要素にウエイトを置く考えのことで、日本でもETFや投資信託の拡充で関心が高まっている。本書ではより「リスクパリティ」(それぞれ保有する商品のリスクが均等になる考え)である投資手法を解説のメインに据えている。

    続きを読む

    レビュー

    • 2020/04/15Posted by ブクログ

      株式投資の教科書ともいえる古典です。

      著者はインデックス運用の有用性を45年以上前から唱え、実証してきました。
      本書の内容はほぼ常識と化しているので真新しいことはあまりありませんが、王道を直に学べる...

      続きを読む
    • 2020/07/20Posted by ブクログ

      株式投資に必要な知識が余すことなく記されている。変な本を100冊読むより、この本を1冊読むほうが良い。

    • 2020/03/10Posted by ブクログ

      長期投資をする上で重要な立ち位置にある書籍です。
      内容は株式の異常な高騰と暴落の歴史が半分ページほど書かれており、残りはそれを踏まえた中での具体的な方法を提示してくれています。私を含めだいぶ初学者に配...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A002210228","price":"2750"}]

    セーフモード