泉さんは未亡人ですし…

著:板倉梓

712円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

昭和のはじめ頃、東京。未亡人・泉透子は看護婦として働きながら、空き部屋で下宿を営むことに。しかしそこに現れたのは、聞いていた女学生ではなく男子医学生の肇だった。手違いで共に暮らすことになった二人はある事情のもの、毎晩添い寝をする約束をしてしまい!?止まっていた時間が再び動き始める――。昭和薫る未亡人×医学生物語、待望のコミックス化!掲載時のカラーページを完全補完した、電子だけの特別版にてお届けします! ★単行本カバー下画像収録★

続きを読む
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

3
1
5
0
4
0
3
1
2
0
1
0
レビュー投稿
  • 2019/07/30Posted by ブクログ

    ずばり、板倉梓バージョンの音無響子さんを愛でる、幸せな世界にひたることがいちばん大切な作品である。あんまり昭和初期っぽくない話だが、そういった時代考証的な部分を求めるのは的外れなのだろう。とはいえ、な...

    続きを読む

セーフモード