自分のことは話すな 仕事と人間関係を劇的によくする技術

著:吉原珠央

919円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    巷の「話し方」の本には一番大切なことが抜けている。それは、会話では「自分のこと」ではなく「相手のこと」を話すということ。自分の話をやめるだけで、仕事も人間関係も俄然よくなると著者は断言。そこまで言い切れる根拠とは? 「相手は自分の話に興味を持っていない」「『自分をわかってほしい』と思うことほど傲慢なことはない」「『質問』にあなたの全てが表れる」「プライベートなことを聞かないほうが失礼である」等々、普通の人が気づけない会話の盲点を指摘。仕事や人間関係が面白いほどに好転し始める話し方を網羅した一冊。

    続きを読む

    レビュー

    2.7
    24
    5
    1
    4
    6
    3
    9
    2
    3
    1
    5
    レビュー投稿
    • 2020/02/11Posted by ブクログ

      タイトルにやられたなぁ。マーケティングの勝ちですね。
      タイトルに惹かれて購入した人は、自分の話はしないで、人の話をよく聞きくこと、相手に話をさせることに、気をつけましょうと言ったところでしょうか。
      ...

      続きを読む
    • 2020/02/09Posted by ブクログ

      ★4.3(2.90)2019年7月発行。この半年話題になった本。副題に「仕事と人間関係を劇的によくする技術」とあるが、まさにその通り。自分のことは話さず、無駄な雑談はせず、相手に敬意をもって、話せば全...

      続きを読む
    • 2020/02/07Posted by ブクログ

      今年はすこし封建的なところとの関わりがあり、自己反省も含め、コミュニケーションの勉強。

      関西のよいところは、「つっこむ」文化とか「面白ければよい」というところで、
      それって、常識をぶち破れるのかも…

    開く

    セーフモード