石を抱いた樹 (上)

水上勉

648円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    巨木は、地中深く、石を抱いているものだ。……名門・布施学園の理事長・布施英之は、樹木を愛し、学園のマンモス化により、緑が失われていくのを憂えていた。折しも20年の歳月を経て、敗戦の混乱のうちに、生き別れた息子が姿を現わす。大地にしっかり根を張ろうと、父と子それぞれに歩む道を描く、感動の長編問題小説。生き別れた息子との再会、親子の運命……水上文学のロマンチシズムの源泉がここにある!

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード