月光・暮坂 小島信夫後期作品集

小島信夫

1,728円(税込)
1%獲得

17pt(1%)内訳を見る

    かつての作品の引用から、実在する家族や郷里の友人らとの関係のなかから、ひとつの物語が別の物語を生み出し、常に物語が増殖しつづける<開かれた>小説の世界。<思考の生理>によって形造られる作品は、自由闊達に動きながらも、完結することを拒み、いつしか混沌へと反転していく。メタ・フィクションともいえる実験的試み9篇を、『別れる理由』以降の作品を中心に自選した作品集。物語のあらゆるコードから逸脱し続ける作品世界! 〇小島信夫 私は、彼女がいなくなると、何か安心したように、いっきょに、たいへんな速さで娘時代から幼い頃へとさかのぼり、そのあたりのところに、自分が停滞するというか、そんな状態に見舞われた。その時代から、ゆっくりと先へ進みはじめ、不意に彼女がカチンと音を立てる。我に返ると、それがほかならぬこの私であった。――<「月光」より>

    続きを読む

    レビュー

    3
    1
    5
    0
    4
    0
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/03/18Posted by ブクログ

      あとがきを読むに、この本は小島信夫の私小説的なものの、残響のような短篇集らしい。私が読んでいる小島作品は、新潮文庫の短編集『アメリカン・スクール』と『私の作家遍歴』のみであって、老境に入った小島先生の...

      続きを読む
    • 2009/03/14Posted by ブクログ

      小島信夫の後期短編集。
      彼の作品はずっと読みやすいものだと勝手に思っていたけど、この本は結構厳しかった(ただでさえ自分は短編を読んで感じる能力が劣ってるので)。
      過去に書いた作品から新たなエピソー...

      続きを読む

    セーフモード