ケーキの切れない非行少年たち(新潮新書)

宮口幸治

792円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    児童精神科医である筆者は、多くの非行少年たちと出会う中で、「反省以前の子ども」が沢山いるという事実に気づく。少年院には、認知力が弱く、「ケーキを等分に切る」ことすら出来ない非行少年が大勢いたが、問題の根深さは普通の学校でも同じなのだ。人口の十数%いるとされる「境界知能」の人々に焦点を当て、困っている彼らを学校・社会生活で困らないように導く超実践的なメソッドを公開する。

    続きを読む

    レビュー

    レビューコメント(575件)
    • 2021/02/16Posted by ブクログ

      児童精神科医による、知能指数の低い若者の特徴と問題点をまとめた本。著者は児童精神科医として長きにわたり発達障害、虐待、不登校などの問題ある子供たちを診るとともに、少年院での勤務も長く、発達障害や知的障...

      続きを読む
    • 2019/10/30Posted by ブクログ

      この本は知的障害や境界知能(知的障害ではないが支援が必要なレベル)の子どもたちの実態、なぜ非行少年になってしまうのか、そして教育によってそのような非行少年をどう更生させて社会的に生きやすくさせていくか...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2021/02/17Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    開く

    セーフモード