【最新刊】愛と追憶の泥濘

愛と追憶の泥濘

1冊

著:坂井希久子

1,584円(税込)
1%獲得

15pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    悪いのは私? こんなに一生懸命やっているのに。公立中学校で学校司書をしている柿谷莉歩は婚活まっ最中の27歳。付き合ってまだ2ヶ月だが、どうしても結婚したい彼氏がいた。教育資材会社のイケメン敏腕営業マン・宮田博之、33歳。その頼もしい仕事ぶりはもちろん、どこまでも心優しい博之は、莉歩にとって完璧と言っていいほど理想的な結婚相手だった……ただ一つ、EDでセックスができないことを除いては……。博之のEDを治そうと奔走する莉歩。やがて彼女が探り当てた博之がひた隠しにしていた秘密とは?

    続きを読む
    提供開始日
    2019/07/23
    出版社
    幻冬舎
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    3.3
    3
    5
    1
    4
    1
    3
    0
    2
    0
    1
    1
    レビュー投稿
    • 2019/10/16Posted by ブクログ

      おもしろかったです。考えさせられる物語でした。支配されるさ支配するか、だけでは寂しい気がしました。「ちょっとビター」という帯の意味がわかりました。

    • 2019/10/10Posted by ブクログ

      莉保の結婚を夢みた相手は性的トラウマを持つ男だった。

      理想的な彼が、たとえEDだとしても、何とかなるのではないかと思ってしまうのは分かるような気がします。
      でも、やっぱり難しいかな。
      莉保の気持ちの...

      続きを読む
    • 2019/08/11Posted by ブクログ

      書き手は坂井希久子さん、タイトルは「愛と追憶の泥濘(ぬかるみ)」(2019.7)、期待しました。柿谷莉歩27歳と宮田博之33歳の物語。宮田のEDがテーマなのでしょうか? 全358頁、4日読み続けました...

      続きを読む

    セーフモード