泣きたくなるほど嬉しい日々に【電子特典付】

著者:尾崎世界観

1,296円(税込)
1%獲得

12pt(1%)内訳を見る

    高円寺で朝まで語り合った、貧乏だけど楽しかった日のこと。初恋の女性・マキちゃんに指輪をプレゼントして、耐え難い悲しみに満ちた日のこと。「めざましテレビ」での出演をきっかけに、伝えるという解釈が変わった日のこと。SNSのエゴサーチで怒りに震えた日のこと。そして「もうほとんどの夢が叶った」と言われて嬉しくなった、あの日のこと――。音楽シーンで強烈な個性を放つ4人組ロックバンド・クリープハイプのフロントマンとして、作詞作曲も手掛ける尾崎世界観。これまで『祐介』『苦汁100%』『犬も食わない』などを上梓し、文学界でも脚光を浴びる著者が紡ぐ、無防備なほどにリアルな本心。雑誌『ダ・ヴィンチ』で2018年4号から1年間連載したエッセイに大量の書き下ろしを加えた単行本が、ついに刊行。他人に笑われても「好きなもの」を大事にする著者の強さの裏にひそむ葛藤は、生きづらさを抱えるすべての人に共感する――。お守りのように大事にしていた日々をつづったエッセイ。【電子特典:写真&サイン付き】

    続きを読む

    レビュー

    4
    1
    5
    0
    4
    1
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/08/29Posted by ブクログ

      7/26発売決定!尾崎世界観さん新作エッセイ!
      『ダ・ヴィンチ』で2018年4号から連載したエッセイに、
      書き下ろしを加えた一冊。要チェック!

    • 2019/08/13Posted by ブクログ

      尾崎世界観の経歴が、何となくわかった1冊。
      あまり売れないバンドマンの自分の知らない彼を少し知れた気がする。

      外見が変わらないスーツケースより、バック。
      中身が多いと膨らみ、少ないとくたっとなる。
      ...

      続きを読む

    セーフモード