【最新刊】心臓

心臓

奥田亜紀子

770円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    中学生の切実な日常を真正面から描き切った大傑作『ぷらせぼくらぶ』から六年。奥田亜紀子の原点と現在地を収録した作品集がついに刊行。ページが光っているような眩いトーンワークが照らし出す心の深いところ。吹き溜まりだと感じていた場所にあったのは、思いのほかに美しいものなのかもしれない。どこまでも繊細な才能が、鋭く研ぎ澄まされた感性で描く私たちのドラマ。

    続きを読む
    ページ数
    166ページ
    提供開始日
    2019/07/24
    連載誌/レーベル
    トーチ
    出版社
    リイド社
    ジャンル
    青年マンガ
    • 次の最新刊から発売日に自動購入

      この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
      自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

    レビュー

    • 2020/03/11Posted by ブクログ

      短編漫画を探していて見つけた。アタリ。
      『神様』は絵柄のためか、話の持つ暗さや重さのようなものをいい具合に中和して心に響く。
      自分的に好きなのは『やま かわ たえこ』。
      特別何かが起こるわけではなく、...

      続きを読む
    • 2019/08/04Posted by ブクログ

      前作のぷらせぼくらぶも素晴らしかったけど今回もすごかった。生の傍らに死があること、それ故に生が美しく輝くことを、日常や記憶から繊細な手付き紡いでいく。描写に高野文子へのオマージュを感じるからか、そうい...

      続きを読む
    • 2019/12/24Posted by ブクログ

      漫画でこんなに心が震えたのはじめて。とても良い映画を見たあとみたいな気分になった。ちょっとファンタジーっぽさがあるのに、共感できる世界がそこにあって、どこか懐かしい気持ち。『神様』がよかった。いい漫画...

      続きを読む
    開く

    セーフモード