無垢な一輪草は陰に咲く

バーバラ・ダンロップ 翻訳:杉本ユミ

648円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    生まれて初めて見つけた愛は、花と散る偽りの運命だった……。 貧困家庭に育ったキャリーは早くから働き、16歳で住む家さえ失った。やがて心安らぐ相手と結婚したが、その夫も半年前に病死し、今は遺された幼い息子たちを育てながら、小さな店を切り盛りしている。そんなある日、キャリーは店に客として現れたディーコンと知り合い、彼の熱心な求愛と子供たちへの優しさに、恋心を抱くようになった。想いは日増しに募り、キャリーはある告白をする――車椅子生活だった亡き夫とは体外授精で子を授かったので、男性とベッドをともにした経験がないのだ、と。前向きに受け止めたディーコンに、彼女はさらなるときめきを覚えた。じつは彼が、富豪一族の出身だった夫の異母兄弟で、息子たちを手に入れようと近づいてきたことなど知りもせずに。 ■十代で母も住む家もなくして天涯孤独となったキャリー。恋愛感情より安心感から一緒になった夫が、富豪一族の出身だったことすら知りませんでした。なのに、ディーコンは偽りの恋愛をする裏で、キャリーが次なる大富豪を狙っているものと思いこんでいて……。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード