【最新刊】回収率至上主義で年間プラスを実現する京大式クリニカルパス 超競馬考

回収率至上主義で年間プラスを実現する京大式クリニカルパス 超競馬考

1冊

黒河將

1,782円(税込)
1%獲得

17pt(1%)内訳を見る

    灘中、灘高から京大医学部へ進み、大学在学中の2013年に雑誌『競馬王』で取り上げられ大反響を呼んだ黒河氏。医師としての活動を優先するため、惜しまれつつ競馬予想の世界を離れていた黒河氏が、年間回収率117%という揺るぎないエビデンスとともに帰ってきました。掲げるのは「回収率至上主義」。到達目標は「再現性をもって年間回収率101%以上を計上すること」。「勝つ」とは何か?人を惑わせる無意味なデータとは?本命馬を決めるための正しいファクターとは?絶対に失敗が許されない医師だからこそ到達した「競馬の勝ち方」とは?クリニカルパス(Clinical pathways)とは、誰もが同一の経過をとるようにした診療計画のこと。同じ思考回路を辿れば誰でも勝ちへと辿り着くーーそんな「勝利のクリニカルパス」を惜しみなく伝授します。●本書の内容超競馬考 11の根幹1日目 「勝つ」とは何か?2日目 「勝つ」ためのアプローチ1 回収率とオッズの考え方3日目 「勝つ」ためのアプローチ2 買い方と資金運用4日目 「勝つ」ための馬券の組み立て5日目 本命馬を導き出す思考実戦編 的中レースで読み解く超競馬考特別収録 黒河將×棟広良隆 京大OBスぺシャル対談

    続きを読む
    ページ数
    179ページ
    提供開始日
    2019/07/18
    連載誌/レーベル
    競馬王

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード