財務はおもしろい

good.book編集部/壁谷英薫

1,980円(税込)
1%獲得

19pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ■会社を永く続けるために欠かせない「財務」の教科書多くの企業・経営者の経営コンサルティングから生み出された「数字を使わず経営を理解するカベヤ式財務のノウハウ」を書籍化。財務については、「難しい」「数字が苦手」「決算書の数字が読めない」といった苦手意識を持っている方が多くないでしょうか。一般の財務の本は、仕訳のことから細かく書かれており、初級者には頭に入りにくく少々難し過ぎます。本書は、数字を極力使わずにさっと短時間で財務の全体像と重要ポイントをつかめるようにしました。読み進めるにつれて、財務に対する苦手意識が無くなり、楽しいものへときっと変わっているはずです。数字が苦手な人にこそ知ってもらいたい、決算書の数字が読めなくても企業の置かれた状態が簡単に理解できる考え方をお伝えします。財務を自己学習するための「ショートカット」としてぜひお使いください。あわせて「会社にとって財務とは何か」「会社を永く続けるとは何か」など、健康な会社経営のノウハウもまとめました。老舗企業が100年続く経営の仕組み、財務の考え方から中小企業が永続的に続くための秘訣を学ぶことができます。<収録トピック>会社を長生きさせるための「財務」財務三表には“共通のストーリー”が流れている貸借対照表(BS)の“超感覚的”読み方損益計算書(PL)の“超感覚的”読み方キャッシュフロー計算書(CF)の“超感覚的”読み方「中小企業の役割」とは何か?「経営」と「戦略」と「会計」の関係老舗企業の「利益」の考え方銀行が「貸したい!」と思う会社の決算書「無理をしない経営」が100年企業を生むほか

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード