【最新刊】5辛大盛がさえないボクに教えてくれた幸せな生き方

5辛大盛がさえないボクに教えてくれた幸せな生き方

1冊

著:一圓克彦 著:小川仁志 著:中司祉岐

1,430円(税込)
1%獲得

14pt(1%)内訳を見る

    大学卒業後、親の言う通り、公務員を目指していたが見事玉砕。やりたいことのないダメダメアルバイト青年が、哲学の師とビジネスコーチと出会ったことにより、前を向く、成長するとはどういうことかを知り、一つひとつ成長していく物語。22歳。夢も目標もない。当然、彼女もいない。好きなのは、カレーだけ。そんなある日、いつものようにやる気なくバイトをしていたところ、金髪のおっさんがオーナーとやってきた。さらに、その後、「哲学カフェ」という怪しげなカフェの前で、ひげ面のこれまた怪しげなおっさんに出会う。2人のおっさんと出会ったせいで、ボクの人生は、めちゃくちゃになった!出会った夢ナシ希望ナシフリーターが、働くとは何か、生きていくとは何か、考えるとは何かなど、仕事、人生、人間関係について学び、実践し、成長していく物語。働く人たちに知っておいてほしい、仕事の哲学テレビで大人気の哲学者×セミナーが大人気のビジネスコーチが導く、働くことの本質とは。「仕事は哲学や。考えんと意味ないっちゅうねん」「一生懸命働くことによって、主人は奴隷の労働なしではやっていけなくなる。そうなったら奴隷の勝ちさ」働く人が今を生き抜くためのビジネス哲学小説■目次 第1章 一度きりの人生に“楽しい”は必要か第2章 人は“何のため”に働くのか第3章 自分の選択を“正解”にする第4章 人生を切り開く武器“哲学”第5章 さえないボクの“幸せ”な生き方特別鼎談ビジネスコーチ 一圓克彦 × 哲学者 小川仁志 × 中司祉岐 (主人公モデル) 付!■著者 一圓克彦、小川仁志、中司祉岐

    続きを読む
    提供開始日
    2019/07/19
    出版社
    あさ出版
    ジャンル
    ビジネス

    レビュー

    3.6
    3
    5
    1
    4
    1
    3
    0
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/10/03Posted by ブクログ

       なぜか主人公の言動に虫唾が走り書かれている本の内容がしっかりと頭に入ってこない。

       書かれている事はいたって簡単な事であるが、これを実践するためにあらゆる努力が必要である。本編では主人公のピンチに...

      続きを読む
    • 2019/09/13Posted by ブクログ

      タイトルや表紙のイラストなど目をひかれて読んでみました。

      小説風の自己啓発本ですが、主人公一人の出来事にまとめようとして、少々展開が唐突な感じもしました。

      登場キャラが特徴があって面白いから、小説...

      続きを読む
    • 2019/09/06Posted by ブクログ

      あるさえない青年に、ビジネスコンサルタントと哲学者が人生論を享受するという内容は、「夢をかなえる象」という本と内容が似ている。とてもわかりやすい口調で、青年の悩みに答えるという形で幸福論やら、何故、働...

      続きを読む
    開く

    セーフモード