【最新刊】民事裁判入門 裁判官は何を見ているのか

民事裁判入門 裁判官は何を見ているのか

1冊

瀬木比呂志

990円(税込)
1%獲得

9pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    この一冊で裁判の奥義と核心がわかる!学生、ビジネスパースン、実務家、訴訟当事者・関係者必携の一冊! 多くの日本人にとって、訴訟は「何だかよくわからない、あまり関係したくないもの」である。しかし、インターネットの書き込み一つで民事訴訟を提起されたり、企業でも海外取引を行えば渉外紛争に巻き込まれたりするのが現代社会である。あなたが民事訴訟に関わるとする。弁護士がその時々で何をやっているのか、当事者の供述や証人の証言を聞くときに、あなたの発言はどのような意味を持っているのか。提示された和解案にしたがうべきなのか。訴訟の流れ、各場面で何が行われているかといった知識が不足しているために、思ったような結果を得られず、後になって不満を抱く人は少なくない。本書は、元裁判官である著者が、33年におよぶ裁判官経験がなければ得られなかったリアルな司法の実態を踏まえ、訴えの提起から判決まで裁判はどのように進んでゆくのか、裁判官、弁護士が行っていることについての理解を助けようとする画期的な入門書である。信頼できる弁護士の選び方とは? 裁判官はどのように争点を整理しているのか?効果的な主張のポイントとは? 反対尋問のコツは? 新しい判例はどのように作られるか? 和解の弊害は?高裁、最高裁は機能しているか?……裁判の基礎知識から訴訟の高等戦術まで、元裁判官の城山三郎賞受賞作家が民事訴訟のノウハウを伝授する。衝撃の話題作『絶望の裁判所』『ニッポンの裁判』につづく強力第3弾!

    続きを読む
    提供開始日
    2019/07/17
    連載誌/レーベル
    講談社電子文庫

    レビュー

    4
    2
    5
    1
    4
    0
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/10/09Posted by ブクログ

      民事裁判について書かれた本書。

      日本人は、裁判に対してどこか上滑りの感じがある。

      それについて、西洋との比較も交えながら論じている。

      馴染むのにはまだまだ時間がかかりそうである。

    • 2019/09/10Posted by ブクログ

      これで民事裁判の入門………というのはムリかと。全体の雰囲気が書かれてるようでいて、対象読者のレベルをどこに設定してるんだろうかと。難儀なのは「別の本に書いてる」が頻発。この一冊は、著者の味見という感じ...

      続きを読む
    • 2019/08/12Posted by ブクログ

      裁判官視点での民事裁判とはなんぞや?が書かれている本。
      これを読むことで民事裁判の一般的な流れや、手続き方法がわかります。また裁判の中でどういったことを材料にして裁判官が判断していくのかの過程がのって...

      続きを読む

    セーフモード