確実に極める! 柔道 固め技 必勝のコツ55

監修:岩渕公一

1,663円(税込)
1%獲得

16pt(1%)内訳を見る

    ★ 多くのメダリストを育てた名将が伝える、「勝つ」理論&テクニック! ★ 抑込・絞め技・関節技の極意、立ち姿勢からの連携まで、実戦で活きるスキルが身につく! ★ 相手の出方・状態に応じた効果的な返し方★ 防御を崩して技に持ち込む技術★ 寝技を強化する練習法◆◇◆ 監修者からのコメント ◆◇◆オリンピック等の柔道競技を見てもわかるとおり、現在、日本の柔道が寝技を必要としています。日本柔道連盟でも「特に中高生の場合、寝技の真剣な練習に取り組もう」という方向性が打ち出されているところです。最初は寝技でどのように入ったらいいのか、どのように攻めたらいいのか分からないかもしれません。中学生なら中学生のうちに、高校生なら高校生のうちに、ひとつのパターンでもいいので、相手がこのように逃げたらこのように抑えに行く、といったような流れがつかめて、かつ、自分の得意技として試合で抑え込めるまでになることが大切です。そして、逃げてばかりいるのではなく、仰向けに返って攻撃できるような寝技にすることが重要です。この目標を持ち、真剣に練習に取り組んでください。次に、柔道では、立ち技で投げても一本ですが、寝技で抑えても、あるいは関節を極めても一本なので、立ち技から連携も覚え、強化していくことが大切です。実際の試合では、自分が一本だと思っても、本当に一本が取れているとは限りません。そのため、投げた後も、すぐに抑込に行く必要があります。この連携ができないと、一本を逃すことになるかもしれません。逆に、自分が倒されたとしても、不利な状態から攻めに転じて一本を取る姿勢が重要です。寝技の練習は妥協しがちです。しかし、お互いが妥協せずに練習を積み重ねることで、寝技のみならず、立ち技も含めた柔道そのものが、必ず上達していくはずです。近年、柔道では寝技がおろそかになっている傾向があります。本書が、先人が創意工夫し築き上げてきた寝技を、もう一度見直すきっかけとなってくれることを願います。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード