あぶな絵、あぶり声 ~滴~ -第二話 ゼロの女-

著:カナタ・いしいのりえ

110円(税込)
1%獲得

1pt(1%)内訳を見る

    「ここがいい?」激しく腰を振ると俺をきつく抱いて応えてくる。数時間前にはじめて出会った女は、瞳を閉じて湿った声を漏らす。妻を持つ身でありながら、一目で惹かれた女。本当に美人だった――しゃべらなければ…。それでも先に本気になったのは俺。君をひとりマンションに残して帰るが、決して君を逃がさない。好きだからさ。他に理由がある?

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード