あぶな絵、あぶり声 ~若葉~ -第三話 紡ぐ女-

著:カナタ・いしいのりえ

110円(税込)
1%獲得

1pt(1%)内訳を見る

    どこか他の店で飲まない? 代理店に勤める俺と翻訳家の彼女。パーティで最初に誘ったのは、俺だった。デートを重ね、帰り際のキスが当たり前になったころ、俺の部屋で飲もうかと誘ったのも…。君はいつまで俺を見ていてくれる? やわらかく温かい彼女のなかを感じながらゆらゆらと腰を動かしてみる。ずっと紡いでくれないか、俺との時間を…。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード