トラウマ類語辞典

著:アンジェラ・アッカーマン 著:ベッカ・パグリッシ 訳:新田享子

2,200円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    シリーズ発行部数累計10万部突破!すべての創作者必携の、大ヒット類語辞典シリーズ最新作!! 物語の創作を志す者はぜひ持っておきたい一冊。「この本といかにつきあうか」を考えるだけでも価値がある。――綾辻行人(小説家)「心の闇」なんて言いますが、心なんて押し並べて闇です。私が知りたいのは、闇の種類です。――武田砂鉄(ライター)私たちは誰もが、大小さまざまな形で「トラウマ」と呼ばれるものを抱えているのではないでしょうか。不意の事故や予期せぬ災害、幼少期の体験、失恋や社会不安……自らの経験に基づいた心の傷はいつの間にか消え去ってしまうものもあれば、日常に訪れた些細な出来事によってふとした瞬間に蘇り、そのたびごとに心を締め付け、そしてときにはさらなる傷を生み出すかもしれません。本書は、キャラクター形成と物語を牽引するために不可欠である「心の傷/トラウマ」が作品にどのような作用をもたらすか、その原因となる具体的な事例とともに詳細にまとめた、画期的な辞典です。物語に登場するキャラクターにはもちろん過去があり、その過去にひも付いたトラウマは彼らの行動を動機づけるばかりでなく、具体的な動作・振る舞いにも多大な影響を及ぼします。本書は、トラウマによって、キャラクターがどのような先入観を抱き、どのように人格を変化させがちになるのか、どのような行動や態度を生み出すのか、あるいはトラウマがもたらす物語の起伏にはどのようなケースが想定できるのか、読者の共感を呼び起こすことができるトラウマ設定のバリエーションをコツコツと収集。物語創作における心理描写の核心ともいえる心の傷/トラウマについて、100を超える事例とともにその状況設定を網羅的に解説します。Twitterから爆発的に広まった<類語辞典>シリーズは、小説家、脚本家、漫画家、演出家、俳優、ライター、二次創作者(ライトノベル・同人誌)など、多くの創作者、表現社たちにとって重宝され続けています。過去のシリーズ愛用者はもちろん、作品により深みを出したい、妄想をよりリアルなものにしたいなど、使い方次第でいかようにも楽しめる強力なツールです!☆カバーイラスト:小山健

    続きを読む

    レビュー

    レビューコメント(4件)
    • 2018/11/01

      趣味で執筆をしている人にはおすすめ。

      キャラクターにトラウマを植え付けたい、暗い過去などの設定を持たせたいときに活用できる。自らの体験を書くのが、リアリティとしては最上だが、それにも限度があるし、フ...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 2019/02/20
      ネタバレ
      この内容にはネタバレが含まれています
      Posted by ブクログ
    • 2020/05/05

      「感情」版と少し似ている部分があるが、ここまでニッチに負の言動を書き表せるなんて。この本を読むまでは、自分自身も実はトラウマがいくつか潜んでいることに気が付かなかったし、執着だと思っていたのに違った。...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード