【最新刊】魔女ののろいアメ

魔女ののろいアメ

1冊

作:草野あきこ 絵:ひがしちから

1,000円(税込)
1%獲得

10pt(1%)内訳を見る

    日曜日、サキはお姉ちゃんが借りてきた本も一緒に図書館に返しに行くことになりました。お姉ちゃんは、遊びに出かけてしまったのです。図書館に行く途中、いつもはない「アメ屋」と書かれた屋台を見つけました。すると、屋台のおばあさんが、実は自分は魔女なんだと言いだしました。そして、魔女はとっておきの「のろいアメ」をサキに売ってくれると言うのです。のろいアメは、だれかさんの悪口を10個言いながらまぜてつくるアメ。それは、苦くてからくてすっぱくて、食べた人はひっくり返るくらいまずいアメになるそうです。サキは、魔女からのろいアメを買うことにしました。サキは、早速お姉ちゃんの悪口を言いながらのろいアメをまぜていきました。おねえちゃんの悪口は、20個でも30個でも言えそうです。「おねえちゃんは、いばりんぼう。それに、くいしんぼうでうそつき……」と、言っていると、だんだんアメが固くなってきました。ところが……。

    続きを読む
    ページ数
    83ページ
    提供開始日
    2019/07/12
    連載誌/レーベル
    PHPとっておきのどうわ
    出版社
    PHP研究所
    ジャンル
    絵本

    レビュー

    3.8
    5
    5
    3
    4
    0
    3
    1
    2
    0
    1
    1
    レビュー投稿
    • 2019/08/19Posted by ブクログ

      しゅじんこうのさきが、おねいちゃんに、わるぐちで作ったのろいアメを食べさせなかった理由をきかれ、しょうきじにはなしたが、おねいちゃんが「すごくあたまにきたけど、さきのことはきらいにならない」といったの...

      続きを読む
    • 2019/07/24Posted by ブクログ

      2019低学年の課題図書。悪口を10こ言いながら作る呪いの飴玉。自分だったら、誰にどんなのを作ろうかなどと自然と考えてしまいそうなお話の流れ。でも、、、主人公は姉にものすごく怒っていたはずなのに、、、...

      続きを読む
    • 2019/07/08Posted by ブクログ

      小1のサキが魔女から買ったのは「のろいアメ」。
      10この悪口を言いながら作るアメ。そのアメを食べた人は一日気絶してしまう。サキはおねえちゃんにのろいアメを食べさせるのか?!

      おねえちゃんの言葉「でも...

      続きを読む
    開く

    セーフモード