【最新刊】民俗学研究室の愁いある調査 その男、怪異喰らいにつき

民俗学研究室の愁いある調査

1冊

著者:神尾あるみ イラスト:小田すずか

726円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    民俗学のフィールドワーク中に“呪われて”しまった大学院生・名鳥歩。彼の周囲では不可思議な研究室荒しや、動物の亡骸が散らばる事件が続く。 身に危険が迫った名鳥に、教授が紹介したのは“怪異喰らい”と呼ばれる謎の美青年・朽木田千影だった。 常に不機嫌そうな朽木田と脳天気な名鳥のふたりは、福井のある農村の風習を手がかりに“呪い”の秘密に迫っていくのだが……。 謎が明らかになる一方、「怪異喰らい」となった千影の哀しい過去を知ってしまった名鳥は――?

    続きを読む
    提供開始日
    2019/07/13
    連載誌/レーベル
    富士見L文庫
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    ミステリー

    レビュー

    4.5
    2
    5
    1
    4
    1
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/08/19Posted by ブクログ

      民俗学研究室ということで、死者の埋葬の仕方や蛇との婚姻など土地性のある儀式や世界観に踏み込んでいたので、物語上の怪異の存在も自然と受け止めることができました。
      また、ミステリアスかつ浮世離れした朽木田...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2019/08/14Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています

    セーフモード