【最新刊】「死」とは何か イェール大学で23年連続の人気講義 完全翻訳版

「死」とは何か イェール大学で23年連続の人気講義 完全翻訳版

1冊

著:シェリー・ケーガン 訳:柴田裕之

3,135円(税込)
1%獲得

31pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    余命宣告を受けた学生が、“命をかけて”受けたいと願った伝説の授業の完全翻訳版!--人は必ず死ぬ。だからこそ、どう生きるべきか※本書の第1講、第8講~第15講、「死についての最終講義」は、『「死」とは何か イェール大学で23年連続の人気講義〔日本縮約版〕』と同内容です。第2講~第7講の追加に伴い、原書に従う形で一部を再編集しております。

    続きを読む
    提供開始日
    2019/07/12
    出版社
    文響社
    ジャンル
    学術・学芸

    レビュー

    2.8
    5
    5
    1
    4
    0
    3
    2
    2
    1
    1
    1
    レビュー投稿
    • 2019/12/03Posted by ブクログ

      大学の人気講義を書籍化したもの。簡単な言葉、平易な文章
      で読み易く、分厚い本であるが、あっという間に読了した。

      読み始めた時は死に関して「霊肉二元論」を徹底的に論破
      するのが目的なのかと思ったのだが...

      続きを読む
    • 2019/10/02Posted by ブクログ

      よくわからないから完全翻訳の方を読みました。
      結果的に、形而上学のところは私にはそこまでハッとするものではなかったので後半だけでよかったと気づきました。

      さらっと読みやすかったです。

    • 2019/09/19Posted by ブクログ

      内容は飲み屋で酒飲みながら交わす会話と変わらないオチのない話。所詮死んだ先のことなど誰にもわからない。

      それでも、死について読むことでイライラしながらも自分なりの考えを持てるようになったことは良いポ...

      続きを読む
    開く

    セーフモード