【最新刊】50歳からのむなしさの心理学

50歳からのむなしさの心理学

1冊

榎本博明

648円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    気力体力が低下する50代。人生の行く末を思うとき、不安に駆られて落ち込みそうになる──。そんな中高年でも活力を取り戻す方法がある。ヒントは「生きる意味」。その具体策を心理学者が紹介する。スッキリ癒やされる「読むクスリ」。

    続きを読む
    提供開始日
    2019/07/12
    連載誌/レーベル
    朝日新書

    レビュー

    3
    1
    5
    0
    4
    0
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/09/11Posted by ブクログ

      いつまでも若さに執着せずに、成熟の価値を認め、成熟への道を歩む覚悟が必要。
      お金の面とかは全く書かれてない。
      経済的にゆとりがある人向けのような気がする。

    • 2019/07/22Posted by ブクログ

      「こんなはずじゃなかった」。 人生も半ばを過ぎ、50歳の声を聞く頃になると、無性にむなしくなる!体力も気力も、そんなに低下していないはずなのに、 病院の行く末を思うと焦りに駆られ
      「残り時間が見えてき...

      続きを読む

    セーフモード