【最新刊】50歳からのむなしさの心理学

50歳からのむなしさの心理学

1冊

榎本博明

660円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    気力体力が低下する50代。人生の行く末を思うとき、不安に駆られて落ち込みそうになる──。そんな中高年でも活力を取り戻す方法がある。ヒントは「生きる意味」。その具体策を心理学者が紹介する。スッキリ癒やされる「読むクスリ」。

    続きを読む
    提供開始日
    2019/07/12
    連載誌/レーベル
    朝日新書

    レビュー

    3.3
    3
    5
    0
    4
    1
    3
    2
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2020/01/19Posted by ブクログ

      この1、2年自分を苦しめていたものの正体が何となくわかったように思う。だからといって悩みが解決するわけではないのだが、自分が苦しんでいることには意味があるのだと分かって少し気が楽になった。

    • 2019/12/18Posted by ブクログ

      何か違う、何か物足りない、というのは変革のシグナル。後ろ向きにならず、前向きに悩み、納得のいく人生に向けて一歩を踏み出すためのヒントを示す。フランクル、神谷美恵子他多数の至言を引用して読者に寄り添う。...

      続きを読む
    • 2019/09/11Posted by ブクログ

      いつまでも若さに執着せずに、成熟の価値を認め、成熟への道を歩む覚悟が必要。
      お金の面とかは全く書かれてない。
      経済的にゆとりがある人向けのような気がする。

    開く

    セーフモード