【最新刊】神獣の都―京都四神異譚録―(新潮文庫)

神獣の都―京都四神異譚録―(新潮文庫)

小林泰三

693円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    失恋旅行で訪れた京都。そこで滝沢陽翔は本気の殺し合いをはじめた謎の異能集団に遭遇してしまう。彼らは青竜、朱雀、白虎、玄武、そして麒麟という神獣の眷属として人知れず生きる者達だった。ある裏切りによって引き起こされる未曾有の災害から日本を救うため、青年は問答無用で非日常へ巻き込まれていく。現代京都の裏側を縦横無尽に駆け回る、空前絶後の異能力ファンタジー。

    続きを読む
    提供開始日
    2019/07/05
    連載誌/レーベル
    新潮文庫
    出版社
    新潮社
    ジャンル
    ライトノベル

    レビュー

    レビューコメント(6件)
    • 神獣の都―京都四...
      2020/08/16

      やすみんのシン・ゴジラのようなウルトラマンのような特撮モノのような。最終バトルは好き放題に京都を壊していて面白かった。

      会話のテンポがリズムよくてめちゃくちゃ気持ち良いし笑えるしで最高。会話を重ねる...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 神獣の都―京都四...
      2021/01/27
      ネタバレ
      この内容にはネタバレが含まれています
      Posted by ブクログ
    • 神獣の都―京都四...
      2020/02/03

       もし正義のために人を傷付けたり、あるいは殺したりしなくてはならなかったら、僕はそれを行えるだろうか? そもそも正義とはなんだろう? 人を傷付けなければ達成できないものを正義と呼んでいいのか? だけど...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード