【最新刊】江戸の性愛術(新潮選書)

江戸の性愛術(新潮選書)

渡辺信一郎

1,320円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    伊予道後で大成功を収めた遊女屋の主人が、書き記した秘伝の書『おさめかまいじょう』――この性愛指南書には、遊女の健康管理に始まり、男を籠絡する術、放縦な要求への対処法、どのように「天悦」に至らしめるかなど、あらゆる性のテクニックが網羅されている。当時の図版を掲載しながら、豊かで過激な性愛文化を明らかにする。

    続きを読む
    提供開始日
    2019/07/19
    連載誌/レーベル
    新潮選書
    出版社
    新潮社
    ジャンル
    学術・学芸

    レビュー

    • 江戸の性愛術(新...2013/10/06Posted by ブクログ

      「庶民文化の研究」という文脈で登場したモノのようだ。なかなかに面白かった…

      「庶民文化の研究」と言うが、逆に言えば「研究の材料になるような史料が豊富」という意味にもなる。“庶民文化”というような部分...

      続きを読む
    • 江戸の性愛術(新...2009/05/21Posted by ブクログ

      帯に白抜きで「郭に残された門外不出の秘伝書!」。新潮選書ではあるけれど、このタイトルに帯文句の数々、図版多数……、さすがに外出先では読めない、やっぱり門外不出。いきなりこれに☆五つ進呈すると、品性を疑...

      続きを読む
    • 江戸の性愛術(新...2008/06/22Posted by ブクログ

      この本は江戸時代の「おさめかまいじょう」という遊女の性技指南書(秘技指南書)を解説している。中には豊富な春画があり、文章だけで創造できないものを補足している。雑学としては勿論、現代でも通用する内容であ...

      続きを読む
    開く

    セーフモード