新編 物いう小箱

森銑三

1,134円(税込)
1%獲得

11pt(1%)内訳を見る

    読むことと、書くことと――生涯をこの2つに凝集し、膨大な資料の渉猟と丹念な読み込みから、世に名高い森史学は生まれた。そのかたわら、資料から離れ、虚実の間に筆を遊ばせるかのような本書収載の珠玉の小品が書かれた。『怪談』を愛してやまなかった著者が、「八雲に聴かせたい」との思いで書き綴った怪異談、中国の説話に想を得た作品など、44篇を収める新編集の増補版。

    続きを読む

    レビュー

    4.5
    2
    5
    1
    4
    1
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2013/06/30Posted by ブクログ

      摩訶不思議なお話短編集。
      朝日新聞か何かで誰かがおススメしてた。購入しようにも絶版で、図書館でやっと借りました。「碁」や「猫」を題材にしたものが面白かった。
      えもいえぬ雰囲気を持った一冊。

    • 2011/04/19Posted by ブクログ

      桜庭一樹さんの読書日記の推薦文が縁で読みました。古代の日本や中国の話を集めた短編集。どこか静かな雰囲気で面白かったです。ただし日本の話については不思議な話とそれ以外を集めた話をちゃんと分けるかそれとも...

      続きを読む
    • 2008/05/09Posted by ブクログ

      南伸坊「李白の月」で褒めてあったので読んだ。
      さらさらっと読める。素朴なユーモアと不思議。
      怪談なんだけどしっとりや怖い色気はなく、
      ころころとおかしく可愛いんだよなあ。
      話がストンと終わっちゃうのが...

      続きを読む

    セーフモード