永い夜

立原正秋

702円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

官能の行きつく果てに横たわる、生の荒廃。生を支えるはずの性の力があまりにも大きく、逆に生を破壊してしまう可能性を秘めている。性の極限には死が存在する――。愛欲の深淵を通して滅びの歌をうたいあげる、立原正秋作品集。「渚通り」「狂い花」「曠野」「双頭の蛇」「永い夜」の短篇5篇を収録。

続きを読む

レビュー

3
2
5
0
4
0
3
2
2
0
1
0
レビュー投稿
  • 2019/02/07Posted by ブクログ

    親父から譲り受けたシリーズ。性的なトラウマが狂気へと繋がる5つの短編。北原先生の作品はあまり好きではなかったが、自身のミスから母親が強姦されるところから始まる大河「永い夜」、妻を売りつつ蛇を喰らう男を...

    続きを読む
  • 2015/11/07Posted by ブクログ

    とにかく時代背景が古いので、
    若い人にはピンとこないのではないでしょうか。
    戦後の昭和の人妻たちがこれほどまでに奔放に性を貪る姿を、
    男目線で書くとこんなふうになるのか、という感じ。
    立原氏の作品は鎌...

    続きを読む

セーフモード