【最新刊】暗殺の森

暗殺の森
1冊

古川薫

367円(税込)
1%獲得

3pt(1%)内訳を見る

討幕への蜂起もむなしく、天誅組は戦いに敗れた。リーダー・中山忠光は、長州藩を頼って亡命する。しかしその直後に、長州の立場は一変した。中山忠光の病死が伝わったのは、この頃である。巷間、それは長州藩による暗殺だとの噂が走った。昭和になって、地元の小新聞の社主・野見は、この真相究明に熱中するが……。長州藩が秘匿した歴史の暗部を、巧みにフィクション化した、歴史推理長編。幕末・長州の謎が現代によみがえる!

続きを読む

レビュー

5
1
5
1
4
0
3
0
2
0
1
0
レビュー投稿
  • 2010/09/29Posted by ブクログ

    直木賞作家、古川薫さんの中山忠光暗殺について書かれた作品です。
    来月、このあたりに行くかもしれないので再読してみましたが、つくづく、歴史って面白い!ということを再確認しました。

    中山忠光は明治天皇の...

    続きを読む

セーフモード