リトルボーイ・リトルガール

内館牧子

648円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    真っ白なセーラー服。ふんわりと胸元で結ぶ紺色のリボン。中原淳一の描く絵の少女が着ているような白い夏服。それが憧れの名門校・安芸女の制服だ。難関を突破し、安芸女生となったあきえは、同級生とともに、夏服を縫い始める。しかし、戦争の陰は濃くなっていく……。ひたむきに、せいいっぱい生きた少女たちの青春記。白い夏服、花物語、淡い恋心……1945年夏に散った少女たち。

    続きを読む

    レビュー

    4.5
    2
    5
    1
    4
    1
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2009/05/18Posted by ブクログ

      バスの中で読んでたんだが、泣けた…。内館牧子はNHKでやった「夏服の少女たち」の脚本も書いていたのか。

    • 2006/10/04Posted by ブクログ

      戦争物の小説です。
      長崎・広島におちた原爆の酷さ、哀しさを綴った小説です。
      これみて私 いっぱい原爆のことしったよ
      一回は見たほうがいいとおもう。

    セーフモード